ベトナムの社員旅行に参加して感じた、ベトナム人の「素直さ」

ベトナムホーチミン市にあるオフショア開発ラボが参加する、合同の社員旅行に行ってきました。

行き先はベトナムの中部のダラット。 軽井沢のような冷涼な気候でした。

チームビルディングというアクティビティがありました。
100人以上の参加者で

  • 列を作ってダンス
  • バナナボートに人を乗せて、ボールを網の中に入れたら成功
  • 水風船を二人で投げて、キャッチできたら成功
  • 二人三脚
  • カラフルな豆をお皿に貼り付けて、その美しさを競う

のような運動会のような競技を行いました。

もし日本の会社でこのような会をやったら、

  • 「なんでこんな子供みたいなことをやらされるんだ」
  • 「意味が分からない」

のような意見が出て、しらけて誰も真面目にやらないと思います。

しかしベトナム人の社員の人たちは、全力で参加して、本当に楽しそうに上記のような競技を行っていました。

この姿勢はとても衝撃的でした。

用意された環境・ネタに対して、その裏などを考えず、素直に乗っかって楽しむ。

この気質は、日本人の姿勢と対照的に感じました。