リーダー(もしくは社長)として働くには、限られた期間中に、いかに「自分が放っておいても成果物ができる『仕組み』を作るか」が重要

Fishing On The Rocks

表題のようなことを、私は大変重要だと気づいたので、ブログに書き留めておくことにします。

こんな逸話を聞いたことがあります。(人物・時代設定等は忘れました笑)

ある人が、食べ物を獲得する方法を知らなかったため、食べ物が無くて困っていました。
あなたは、魚の釣り方を知っています。それゆえ、食べ物に困ることはありません。
その人を助けるためには、あなたは3種類のことができました。

  1. 私が魚を釣るので、それをあなたにあげます
  2. 私が魚を釣るので、あなたはそれを手伝ってください
  3. あなたに、魚の釣り方を教えます。

この3種類の方法をそれぞれ分析してみます。

1. 私が魚を釣るので、それをあなたにあげます

  • これは一番最悪の行動です。
  • 魚の釣り方を知っているあなたが魚を獲ってしまったら、食べ物に困っている人はその日の食事は得られても、魚の釣り方を知らないままです。
  • あなたがその人と離れて間もなく、その人は餓死するでしょう。
  • ビジネスに置き換えれば、他人を教育せずに、出来る自分がやってしまうことで、新人が育たないという問題です。

2. あなたと一緒に、魚を釣るのを手伝ってあげましょう

  • これは1よりだいぶbetterです。
  • 食べ物に困っている人は、魚を釣るという行動を知ることができますし、あなたが魚を釣る様子を見てだいぶ学ぶことができます。
  • しかし、一番BESTの3との違いは、困っている人が魚の釣り方をマスターできていないところです。

3. あなたに、魚の釣り方を教えます。

  • これが前述のとおり、BESTです。
  • 食べ物に困っている人が魚の釣り方を習得することで、あなたがその人と離れても、その人はずっと生きづづけることができるでしょう。
  • 魚の釣り方を教えた見返りに、獲った魚の一部を、定期的にあなたのところへ持ってこさせてもいいかもしれません(=成果物)。GIVE & TAKEの関係ですね。
  • ビジネスに置き換えれば、これが新人教育の意味です。今は出来ない人を、一定の時間を投入することで、出来る人に変える。 そうすれば、あとは放っておいても、成果物を出してくれるようになります。

逸話は以上です。

「同じ期間、行動する」にしても、成果物の量、そしてさらに重要なのは、その成果物の継続性に大きな差が出ることは、注目に値します。

精神的に強く生きるとは、常にポジティブ思考で生きることに他ならない

idea

精神的に強く生きるとは、常にポジティブ思考で生きることに他ならない

ある事件があり、それを通して学ぶことができました。
他の人から教えられたのではなく、自分の思考によって。

どうしてこのことに気づかないできたのだろう、
という良い意味で新鮮な驚きがあり、ブログに記しました。

あと、このことを知って、だいぶ気が楽になりました。
強く生きよう、強く生きようと身構えていましたが、
自分がすべきことは、能天気のように、ポジティブにいればいいだけ。
つまらない他人から評価や、他人との比較に、思考を割かなければいいだけのことでした。

精神的に強く生きるとは、常にポジティブ思考で生きることに他ならない
- yonotown 2017/07/11

f:id:yonotown:20170715091807p:plain

桁数の多い数字に慣れる

数字→英語→日本語

数字 英語 日本語
1,000 thousand
10,000 ten thousand
100,000 hundred thousand 十万
1,000,000 million 百万
10,000,000 ten million 千万
100,000,000 hundred million
1,000,000,000 billion 10億

日本語→英語→数字

「じゅうまえん」という言葉を聞いたとき、それがいくつ0が付いた数字なのか想像する事が重要

日本語 英語 数字
thousand 1,000
ten thousand 10,000
十万 hundred thousand 100,000
百万 million 1,000,000
千万 ten million 10,000,000
hundred million 100,000,000
十億 billion 1,000,000,000

ベトナムで働き始めて5ヶ月、やっと睡眠時間が短くなってきた

2015年の6月からベトナム・ホーチミンで働き始めたので、早5ヶ月が経とうとしています。

来た当時のことを振り返って、最初の3ヶ月はやはり疲れました。
最初はベトナム人に受け入れられるのか非常に不安だったことから、常に異常なほどの笑顔を振りまいていた覚えがあります。
業務でのコミュニケーションは一言一言を全力で伝え、
すべてのものが新鮮で、写真を撮りまくって、日本との違いに感心していました。

そんな調子なので毎日の終わりには非常に疲れました。
疲れと、睡眠の長さは比例しました。
毎日9時には寝て、朝は6:30くらいに起きて(9時間睡眠!?)、それでも日中若干疲れて感じることがありました。
たしか3ヶ月目に疲れが溜まって、風邪を引いて体調を崩したことを覚えています。


昨日、12:00に寝て6:00起きで非常に眠かったですが、1日を疲労感無く働けました。
あれ、日本にいたときと同じ6時間睡眠で行けた、慣れてきたのかなと感じました。

睡眠時間短縮で生まれた時間を有効活用したいです。

ベトナムの社員旅行に参加して感じた、ベトナム人の「素直さ」

ベトナムホーチミン市にあるオフショア開発ラボが参加する、合同の社員旅行に行ってきました。

行き先はベトナムの中部のダラット。 軽井沢のような冷涼な気候でした。

チームビルディングというアクティビティがありました。
100人以上の参加者で

  • 列を作ってダンス
  • バナナボートに人を乗せて、ボールを網の中に入れたら成功
  • 水風船を二人で投げて、キャッチできたら成功
  • 二人三脚
  • カラフルな豆をお皿に貼り付けて、その美しさを競う

のような運動会のような競技を行いました。

もし日本の会社でこのような会をやったら、

  • 「なんでこんな子供みたいなことをやらされるんだ」
  • 「意味が分からない」

のような意見が出て、しらけて誰も真面目にやらないと思います。

しかしベトナム人の社員の人たちは、全力で参加して、本当に楽しそうに上記のような競技を行っていました。

この姿勢はとても衝撃的でした。

用意された環境・ネタに対して、その裏などを考えず、素直に乗っかって楽しむ。

この気質は、日本人の姿勢と対照的に感じました。

ChefでPHPインストールのrecipeを作る

knife cookbook create php -o site-cookbooks
site-cookbooks
    └── php
        ├── CHANGELOG.md
        ├── README.md
        ├── attributes
        ├── definitions
        ├── files
        │   └── default
        ├── libraries
        ├── metadata.rb
        ├── providers
        ├── recipes
        │   └── default.rb
        ├── resources
        └── templates
            └── default

いろいろできすぎる。 とりあえずまず必要なのはrecipes/default.rbぐらいなので、現時点ではそれだけgit管理に入れておくことにする

recipes/default.rb

#
# Cookbook Name:: php
# Recipe:: default
#
# Copyright 2015, YOUR_COMPANY_NAME
#
# All rights reserved - Do Not Redistribute
#
execute "remove php packages" do
  user "root"
  command <<-EOL
    yum -y erase php54-*
    yum -y erase php55u-*
    yum -y erase php-*
  EOL
end

execute "install php56-remi" do
  user "root"
  command <<-EOL
    yum -y install --enablerepo=remi,remi-php56 \
    php \
    php-devel \
    php-gd \
    php-intl \
    php-mbstring \
    php-mcrypt \
    php-mysqlnd \
    php-opcache \
    php-pdo \
    php-pecl-apcu \
    php-pecl-xdebug \
    php-pear \
    php-xml
  EOL
end

vagrantのprovisioning機能で、chefのrun listを指定する

(公式ドキュメントに記載あり)
Chef Solo - Provisioning - Vagrant Documentation

vagrant upでchef soloも含めて実行したいとき、chef soloの実行レシピの指定(run list)をvagrantfileに記載できます。

Vagrant.configure(2) do |config|
(略)
  config.vm.provision "chef_solo" do |chef|
      chef.cookbooks_path = "site-cookbooks"
      chef.add_recipe "apache"
      chef.add_recipe "mysql"
  end
end

これで、site-cookbooks配下のapacheレシピとmysqlレシピが実行されます。

        └── site-cookbooks
            ├── apache
            │   ├── CHANGELOG.md
            │   ├── README.md
            │   ├── metadata.rb
            │   ├── recipes
            │   │   └── default.rb
            │   └── templates
            │       └── default
            │           └── httpd.conf.erb
            └── mysql
                ├── CHANGELOG.md
                ├── README.md
                ├── metadata.rb
                └── recipes
                    └── default.rb